スーチーシルク

スーチーシルクとは?

ミャンマー国家最高顧問アウン・サン・スー・チー氏より
商標使用を許可いただき、
ロゴマークのデザインもお選びいただきました
(商標登録第5886298号)。
ミャンマーの少数民族女性雇用支援のため
日本の専門家による技術指導を受けた
高品質の絹織物ブランドです。

map

Myanmar

ミャンマーの地方や山間部では女性の就労機会がまだまだ少なく海外の人材流出が問題になっています。スーチーシルクの売上の一部はミャンマーの女性雇用支援施設拡充の為に使わせていただきます。

工房_生絲

工房での一コマ

工 房

工房では地元の女性達が共同生活をしながら技術を学び、心を込めて繭から生糸を作り、
日本の技術でこだわりの白生地に織り上げました。

女性が地元で家族と安心して暮らせる雇用と技術習得の場が欲しいとの要望により、
ミャンマーで座繰り生糸・真綿作り講習会を開始。工房を設立するに至りました。

スーチーシルク 3つのこだわり

1.糸からこだわる

人の手で繭から生糸を作る「座繰り生糸」を使用しています。「座繰り機」は1800年ごろに日本で発明され、生産効率の高い機械製糸機による生糸製造が主流になるまで日本の生糸輸出を支えていました。時間をかけてゆっくり紡がれる座繰り生糸づくりは今では後継者も少なくなりましたが、糸と糸の間に空気を含んでふんわりとした風合いの良い糸は独特の存在感があります。

工房での選繭風景

工房での選繭風景

繭にこだわる

2.繭にこだわる

ミャンマーには半世紀以上も前に日本の養蚕・製糸技術が持ち込まれ、国営施設として継承されてきました。工房ではマンダレー管区にある国営製糸工場内の養蚕場から良質な繭を買い付け、工房にて座繰り生絲に加工しております。

3.白生地作りへのこだわり

機械製糸の均一な生糸と違い、一本ずつ違った味がある座繰り生糸は紬などのおしゃれ着になることが多いのですが、あえて座繰り生糸の色無地を作ることにこだわりました。風合いがありながらもしわになりにくく、どこか懐かしい、そんな優しい手触りの色無地が織りあがりました。

ミャンマー国営製糸工場

ミャンマー国営製糸工場

スーチーシルク

ご注意 : この色無地は「座繰り生糸」を使用しております。座繰り生糸は空気を含んで生糸一本ごとに味のある風合いが特徴です。生地の各所にまれに見られる節のようなものは糸の特徴ですので安心して座繰り生地の持つ個性をお楽しみください。

スーチーシルク事務局

お問合せ  info@aungsansuukyisilk.com

 

株式会社 大松 http://kimonodaimatsu.co.jp/    絹小沢株式会社 http://www.kinuozawa.jp/